2019年05月29日

デゴルジュマン

昨日イタリアより栓抜きが届きました。ただの栓抜きではありません。デゴルジュマンの栓抜きです。


IMG_0810.jpg



使用方法はというと栓抜きということには間違いありませんが、シャンパンやスパークリングワインを製造するにはかかせないアイテムなのです。


簡単に説明すると、ビンを逆さまにしてビン口のほうに澱をためて、ネックフリーザーという専用の器具(弊社でも取り扱いございます!)を用いてビン口の細いところだけを凍らせます。
そして、栓抜きをするとビン内の圧力で澱も一緒に抜けてしまうのです。

あえて、ここで普通の栓抜きを使ってみたとしましょう。
これは、スパークリングワインのコルクを自分の顔にむけて抜いているようなものです。たぶん痛いです。
また、氷を友達にでも頼んで思いっきり顔に投げてもらうとその痛みが体感できるでしょう。

そこで登場するのが、このデゴルジュマン用の栓抜きです。

IMG_0819.jpg

このような感じで、ビンと体が離れているので安全です。しかもプロ仕様なので簡単に王冠が外せます。
すごい簡単に栓抜きできます。
正直ビールの栓抜きでもよいのではないかと思い、個人的にほしいと思いました(次回の発注時に内緒で1個増やそうとたくらんでします)。

以上デゴルジュマン用の栓抜きの紹介でした。





posted by 三森 at 10:10 | Comment(2) | ワイン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

加温冷水機

ドイツWTG社の加温冷水機で、直接ワインを冷水機内に通し、タンクと循環することによりワインの品温をコントロールできます。
温度調整範囲は、冷却がー5度〜+35度、加温が+5〜度+50度
キャスター付きなので移動も楽にできます。

DSCN1533.jpg

DSCN1534.jpg

DSCN1536.jpg
posted by 三森 at 11:17 | Comment(0) | ワイン関連 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

樽洗浄機

スイス MOOG製の樽洗浄機が入荷しました。
高温高圧洗浄機に接続して樽内を360度くまなく洗浄します。
BRMは、樽の口を下に向け洗浄ノズルを下から差し込みます。
BRAは、樽の口を上に向け洗浄ノズルを上から差し込みます。
洗浄汚水液は自然に排出されます。
BRMは、高圧水の力でノズルを回し、BRAは、モーターの力でノズルを回転させます。
↓BRM
180630_樽洗浄機02.JPG

↓BRA
180630_樽洗浄機01.jpg


posted by 三森 at 11:41 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。